カート
代案を閉じる
 

Dinea Design デザイナーStefania Dineaへインタビュー!

左矢印(細字) 右矢印(細字)

 

Dinea Designで展開する人気の”Lunaコレクションについて、デザイナーStefania Dineaへインタビュー。デザインコンセプトや3Dプリント技術、そしてオススメのコーディネイトなど教えていただきました。ぜひ フルレングスのインタビュー動画をお楽しみください!動画と一緒に下記日本語訳全文も併せてご覧いただけます。

――――――――――――――

Septem:自己紹介をお願いいたします。

Stefania:Dinea Design(ディネア・デザイン)ブラックレーベルのオーナー兼デザイナーの Stefania Dinea(ステファニア・ディネア)です。

 

Septem:Lunaコレクションの好きなところを教えてください。

Stefania:Lunaコレクションで私が最も気に入っているのは、その象徴性や月とのつながり、隠されたスピリチュアリティ、さらにはレース状の模様とその軽量感、そして大ぶりなサイズです。

 

Septem:Lunaコレクションのデザインコンセプトや、制作に至るまでの経緯を教えてください。

Stefania:Lunaコレクションは実際に開始してから段階的に制作し、過去2年間でブランドとして進化し成長してきました。日本のアニメシリーズ『セーラームーン』にインスパアされ、ダークレディのサークレット(ヘッドピース)というコンセプトからスタートし、月によって帝国を感じる全ての女性を象徴するヘッドバンド(Luna Headband)へと進化させました。そして、Septem(セプテム)3Dファッションとのコラボレーションを開始し、プライムコレクションへと進化しました。Septemではイヤリング(Luna Earrings)に始まり、その後ペンダント(Luna Necklace)、そしてカフス(Luna Cuff)を制作しました。ここまで長い道のりでしたが、この魔法のシンボルである「月」のモチーフをカプセル化し段階的に進化させ、働く女性を含むすべての女性たちが、毎日身につけられるようにとウェアラブル・アイテムへ落とし込んできました。

 

Septem:日本との関係において何か特別なことはありますか。

Stefania:幼い頃から日本の文化に触れてきましたが、私にとっては未だ新しく、学びながら成長している段階です。そして、日本人のストリートスタイルやデザインの好みについてはまだまだ学ぶことがたくさんあり、Septemの一員として今後日本の企業とコラボレーションすることで、さらに探求できることを期待しています。

 

Septem:インスピレーションの一つポップカルチャーについて、どのような経緯で影響を受けましたか。

Stefania:ポップカルチャーは、今、そして何がファッショナブルで、何が人々を繋げるのかを語っています。そして、ポップカルチャーは、ジュエリーに関する私のアンダーグラウンドな考え方をより魅力的な形に変換し、さらにはそれを通してより多くのオーディエンスとコミュニケーションすることができます。それゆえに、アンダーグラウンドカルチャーのトーンをなだらかにし、より人気のあるデザインへと落とし込むことにしました。

 

Septem:3Dプリントという技術を使用することにより、デザイン制作の過程で何か特別な影響はありましたか。

Stefania:3Dプリント技術は、私に光のゲートを開けてくれたと言っても過言ではないです。より手頃に、より扱いやすく、そしてコネクトしやすくすることを可能にしてくれました。3Dプリント技術は、迅速なプロトタイプというだけでなく、それ自身のサスティナブルな要素も、私のデザイン過程においてとても重要な部分と言えます。私たちは、製品を受注生産のみで承っており、もちろんそれに必要なだけの素材を使用してます。そのため、真の意味でのゼロ・ウェイストを目指せるのです。

 

Septem:Lunaコレクションアイテムのおすすめコーディネイトや、身につけるシーンを教えてください。

Stefania:私がデザインを担当して、スタイリングはあなたにお任せいたしますーそれが3Dプリントファッションのポイントです。ちなみに、私はオフィス系のコーディネイトや、カジュアルで艶のあるブラック系の服に合わせるののが好きです。エレガントなタッチを加えた、今着ているような感じでコーディネイトしています。

――――――――――――――

今後もデザイナーへのインタビュー企画を随時実施予定です。ご質問等ございましたら、コンタクトフォームよりお問い合わせください。

 

 

Japanese